お問い合わせ 簡易マップ

岡崎市欠町字下口 16-1
専用駐車場6台完備

簡易マップ

↑スマホからでも見れます!

簡易マップ

↑モバイルサイトも!

交通事故治療に関するQ&A

治療内容はどのような方法ですか?

手技(マッサージ療法)・電気治療(理学療法)・はり治療などで、一人ひとりの症状に合わせた治療をいたします。
また、「痛くない治療がいい」とか「時間のかからない治療がいい」などのご希望があれば、遠慮なくおっしゃって下さい。

当院に通院したい場合どのように手続きをしたらいいですか?

損保会社の担当者に当院名と連絡先を伝えてからお越しください。損保会社より、当院に連絡が入りますのでその時点で治療が開始できます。
また、直接お越しいただいても構いません。

自賠責で病院に通院中です。治療は平行可能ですか?

当院で治療を受け、月1回程度病院で回復検査をしてもらう患者様も多くいらっしゃいます。
同日のかけもち治療でなければ、全く問題ありません。

病院や整形外科と治療内容は違うのですか?

万が一、交通事故に巻き込まれてしまったら、必ず精密検査が可能な病院で医師の診断を受けて下さい。
しかしその後、病院での継続治療は、投薬と温熱・電気・牽引など、機械による物理療法が中心となります。
丁寧にリハビリをしてくれるところは未だ少ないようです。
当院での治療は、人の手による手技療法がメインとなり、細かい機能回復訓練が可能です。さらに、物療機器を用いて治療を行います。

今別の病院に通っているんですけど、こちらに転院することはできますか?

病院と平行しての治療や、他接骨院や病院からの転院も受け付けております。どこの医療機関に通院するのか決める権利は患者様にあります。
損保会社の担当者に連絡されるか、直接こちらに来院されて当院から損保会社に連絡することも可能です。
交通事故の場合は、病院に通院しながら、当院に通院・治療を受ける事も問題はありません。当院で治療を受け、病院で定期的な検査や投薬などをお願いしている患者様も何名もいらっしゃいます。
また、現在通院している病院や治療院が合わないとか、仕事の都合で診療時間に行けないなど、現在問題をかかえている方は相手の保険会社にその旨を連絡いただくことで転院も可能です。

交通事故治療は、普通の保険治療とは違うのですか?

同じ治療ですが、交通事故によるケガは後遺症という形で残ってしまう場合もあり、より慎重な施術をします。

自費治療分のお金が、すぐに用意できないんですけど・・・

交通事故の場合、自賠責保険により治療費が支払われるので、患者様が治療費を負担することはありません。
当院で患者様に代わり、保険会社との交渉や治療費請求手続きを代行します。

相手方の保険会社が接骨院はダメっていうんですが・・・

治療を受ける医療機関を選ぶのは自由です。患者様が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。

毎日通っても大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。「痛い!」「辛い!」など、調子が悪い時は毎日通院される事をお勧めいたします。
1日1回であれば、これ以上通ってはいけないという制限はありません。

どのくらいの期間通院するのですか?

早い方で1ヶ月程度、長い方ですと6ヶ月程度かかっています。
平均的な治療期間は3ヶ月~4ヶ月ぐらいでしょうか。これはケガの程度や事故の種類によっても違います。
痛みの軽い方で約1週間~10日で症状は60%~70%程減少します。
しかし、治癒という形にはなりません。治療が中途半端だと、後々後遺症が残る場合も多いのです。
「少しでも早く治療を開始し、最後まで治療し、完治させる。」これが大事なのです。

先方の保険会社から「今月で終了してください」と言われた・・・

お体の不調は患者様ご本人の問題です。
保険会社から突然治療を中止させられることはありません。しかし、治療が長期におよぶと「中止して示談しませんか?」という話は出るかもしれません。
その時はご相談下さい。

事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での治療取扱いはできますか?

基本的には取扱いできますが、あまり時間が経過していると、事故との因果関係がハッキリしなくなります。
違和感を感じた時点で、早めに受診することをお勧めします。
様々なケースがありますので、念のため保険会社にお問い合わせ下さい。

診断書などの各種証明書は発行してもらえますか?

交通事故治療には必ず医師の診断(診断書)が必要です。
接骨院では、施術証明書という形で作成いたします。また、警察に届けるための証明書や損害保険などを掛けていれば、それらの証明書も作成いたします。

慰謝料の算出方法は?

慰謝料とは、交通事故で被害者が負った精神的な苦痛に充てられる金銭の事です。
よって、本来は被害者の思うままの金額ということになりますが、なかなか思うままの金額が認められるケースは少なく、混乱を避けるために、損害保険会社や弁護士会が交通事故の慰謝料の相場額の算出法を公表しています。
自賠責保険の場合、1日4200円の慰謝料が支払われます。これに治療期間を乗じて慰謝料の総額が決定されます。ちなみに、自賠責保険での「治療期間」とは以下の2つがあります。
① 治療期間(治療開始から治療完了までの経過日数)
② 実通院日数(治療期間中の実際に通院した日数)×2
上記①と②を比較して、日数が少ない方に4200円を乗じて慰謝料を決定します。
例えば交通事故治療で、治療期間が90日(実通院日数40日)のケース
① のケースは90日
② のケースは40日×2=80日
となり、少ない方の②が適用されますので、80×4200=336000円という計算になります。
ただし、自賠責保険は1人あたり最高1200000円までしか出ません。計算の結果それを超えるようであれば、超えた部分関しては任意保険か、加害者本人に請求する必要があります。
また、妊婦さんがお子様を死産や流産した場合は、別途慰謝料が認められます。
※状況により慰謝料計算が異なる場合もありますので、詳しくは保険会社にご確認ください

補償は?

●治療費
 交通事故で負ったケガの治療にかかった実費が全額認められます。
 当院で治療した費用も同様です。
●通院交通費
 事故で負ったケガの程度によりタクシー利用が相当であると判断される場合以外は、公共の交通機関を利用した場合の料金を基準として計算します。自家用車を利用した場合は、往復分の実費が認められます。
●休業損害費
 自賠責保険での休業損害費は、事故前3ヶ月の給与所得額を90日で割り、1日あたりの給与平均額を算出します。その金額に事故で休業した日数を乗じて算出します。ただし、自賠責保険では原則として1日5700円となります。1日5700円を超える収入があることを証明できる場合には最大19000円までとなります。また、家事従事者で家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日あたり5700円を限度として支給されます。
 例えば、1日平均給与額が13000円であって、事故による休業が10日のケース
 13000×10=130000となります。
 ※状況により各計算が異なる場合もありますので、詳しくは保険会社にご確認下さい。

損害保険の事がよくわからないのだけど・・・

損害保険の事は知らない患者様がほとんどです。(それが普通です)
・会社を休んだ補償はされるのか?
・慰謝料はどうなるの?(でるの?)どんな計算方法?
・自分の保険会社からも保険はおりるの?翌年の保険料は上がるの?
・主婦でも休業補償はでるの?
・交通費も保険から出るの?
・タクシーで通院してもいいの?
などなど、疑問も多いかと思います。これらに関しても、遠慮なくお尋ねください。

【ご注意事項】

※事故状況の過失割合の結果しだいでは、自賠責や任意保険が適用されず全額自己負担となる場合があります。
※当院でのレントゲン撮影はできません
※事前に相手の保険会社の担当者に連絡の上ご予約下さい。保険会社から連絡が入るまで、自己負担金をお預かりする場合がございます。
交通事故治療TOPへ戻る