お問い合わせ 簡易マップ

岡崎市欠町字下口 16-1
専用駐車場6台完備

簡易マップ

↑スマホからでも見れます!

簡易マップ

↑モバイルサイトも!

交通事故に遭ってしっまたら

① 必ず警察に届け出ましょう

自動車保険で治療する場合は、警察に事故の届け出をしていることが必要です。事故直後は症状がなくても、
後々症状が現れることがありますので、安易に、現場で示談などはしないようにしましょう。
警察官が作成する書類が重要な証拠として残り、後日「交通事故証明書」を受けることができます。
これは、後日に保険請求する際に大変重要なものです。加害者から「お金は払うから警察に届けないで」とか
「免許が取り消されて仕事ができなくなるから警察に届けないで」などと懇願される場合があります。しかし、
本当に車の修理代やケガの治療費など支払ってくれるとは限りません。警察へ報告義務を果たさないという非合法な態度に出る人間が誠意をもって賠償に応じる可能性は極めて低いです。
また、事故当日より時間が経ってしまうと、事故による物損やケガの因果関係が証明できなくなる場合もあります。

② 交通事故証明書の取付け

最寄りの自動車安全運転センターから交通事故証明書を交付してもらいます。
ただし、警察への届出のない事故については交通事故証明書の発行はできませんので、ご注意下さい。
(自賠責保険での被害者の直接請求や仮渡金の請求にも必要。)

③ 必ず医師の診察を受ける

事故当初はストレスと緊張で痛みがない場合もあり、しばらくしてから少しずつ痛みが出てくることがあります。
その時はたいしたことないと思っても、意外に重傷であることもあります。事故に遭ったら必ず医師の診察を受け診断書を発行してもらいましょう。
診断書を所轄の警察へ提出することにより、物損事故から人身事故の扱いになり自賠責保険への治療費請求が可能となります。

④ 保険会社に当院で治療する旨を連絡

保険会社に、みろく鍼灸接骨院で治療する旨を連絡して下さい。
そうすることで、保険会社から当院に連絡が入り、当院での治療が窓口料金0円で開始することができます。

交通事故治療TOPへ戻る