お問い合わせ 簡易マップ

岡崎市欠町字下口 16-1
専用駐車場6台完備

簡易マップ

↑スマホからでも見れます!

簡易マップ

↑モバイルサイトも!

訪問鍼灸治療の画像
訪問鍼灸治療Q&A

訪問鍼灸治療とは

家の中では歩けるが外出が困難な、介助者なしでは外出ができない、歩行不能な場合などは医師が同意した一定の疾患に対して往療鍼灸(訪問鍼灸)治療ができます。
私達が患者様のお宅を訪問し、施術を行い、医療保険の療養費(施術料+往療料)を申請します。

●国家資格者の鍼灸師が医療保険制度(国民健康保険・社会保険)を使って、ご自宅や介護施設などに訪問して治療やマッサージを行います。
主に、おからだに麻痺や痛みがあるか、精神的に苦痛があり通院が困難な方で曜日とお時間を決めて定期的に施術をご希望される方が対象となります。

●介護保険は使いませんので限度額いっぱいの方でも関係なく受けられます。

●ご負担額は、医療保険の負担率(1割もしくは3割)となります。

●障害者手帳2級以上をお持ちの方は全額支給されます。(ご負担額はありません)。

まずはチェック!

□リハビリに通っているが痛みが強くて思うようにリハビリができない。
□病院や接骨院・治療院に通いたいが通院するのが困難だ。
□以前にも鍼やマッサージを受けたが自費診療で経済的に続かない。
□薬の量が以前より増えてこれから先、身体のことが心配だ・・・
□治療を受けたいけど介護保険の限度額が心配だ・・・
□慢性的な痛みがある。

これらのご要望やご心配にお応えします。
上記のチェックリストに1つでも該当する方、もしくはそのようなご家族をお持ちの方はすぐにご連絡ください。
当院は、介護保険を用いず、健康保険で鍼灸治療が受けられる事のできるはりきゅう治療院です。
近年高齢者における介護難民の増加が社会問題になっております。病院の都合により患者様が満足できるリハビリ治療が受けることが出来なくなっております。
当院の訪問治療は病院のリハビリだけでは足りない部分を十分に補うことができます。

自宅にいながらリハビリを受けることができるのです。

大切なご家族の笑顔のため。迷った時がお電話の時。

対象となる方

寝たきりの方・杖をついて歩かれる方・車いすの方など

対象となる病気

①神経痛三叉神経痛・肋間神経痛・坐骨神経痛・顔面神経痛など
②リウマチ関節の痛み・こわばる・変形があるなど
③腰痛症腰が痛い・動くと痛みが出るなど
④頚腕症候群頸や肩、腕に筋肉の凝りや痺れ、痛みがあるなど
⑤五十肩安静にしていても肩が痛む・動かしたときに痛む・肩が挙がらないなど
⑥頸椎捻挫後遺症交通事故や外傷で以前に頸を痛めたことがあり、
それから肩の凝り・頭痛・吐き気などの症状がでることがあるなど。

施術の流れ

1.現在の状態をよくお聞きして治療を行う場所などを確認いたします。

2.マッサージによって筋肉、心身を緩め、血液循環を良くしていきます。

3.患者様の症状に適した鍼灸治療を行います。

4.歩行訓練または寝たままでのストレッチなどのリハビリを行います。

5.最後にマッサージでリハビリの疲れを軽くほぐします。

おおまかな流れはこんな感じです。施術時間は20分~30分ほどです。

注意事項

同意書の有効期間は3ヶ月です。それ以降さらに保険による鍼灸治療を続ける場合、医師の再同意が必要になります。
3ヶ月以上治療を継続する場合は医師の口頭での同意(この場合は同意書は不要です)でさらに3ヶ月延長することができます。
※医師の口頭での同意とは鍼灸の保険診療を3ヶ月以上続ける場合に同意書を書いてくれた先生に
「鍼灸の治療を続けてもいいですか?」と了解をとるということです。
この場合は口頭での了解でよいので、同意書は必要ありません。電話でもかまいません。

併診不可

当院の鍼灸治療を受けている間、他の病院に於いて同じ病名(同意書に書かれている病名)で治療を受けると、療養費が支払われなくなります。
例:鍼灸保険で慢性腰痛を治療している期間に、整形外科に行き湿布などをもらってきた。この様な場合、鍼灸治療はすべて自費診療になります。

料金について

1割負担の方で、1回あたり300円から600円程度を目安としてお考えください。

法定料金

厚生労働省により「はりきゅう治療料」「往療料」が決められています。
ご利用者様のご要望・条件によりこれらを組み合わせて1回あたりの法定利用料が決定されます。

はりきゅう治療料

1回1525円 鍼とお灸を用いた場合の治療費です。

往療料

厚生労働省保険局の法定計算により、往療計算は直線距離で「治療院」または「直前の患者様」のお宅からの近い方の距離で算定します。

治療費

1割負担の方3割負担の方
初回往診2710円→270円2710円→810円
2回目以降1525円→150円1525円→460円

往診料

1割負担の方3割負担の方
0.1Km~2Km1860円→190円1860円→560円
2.1Km~4Km2660円→270円2660円→800円
4.1Km~6Km3460円→350円3460円→1040円
6.1Km~16Km4260円→430円4260円→1230円

ご負担額は、表の該当箇所の治療費+往診料となります。
片道16Kmを超える往診は、法律により行うことができません。

例)坐骨神経痛により歩行困難である77歳女性 負担割合1割 往診距離は2Km 治療内容は鍼灸・マッサージ・リハビリを行った場合のご負担額は
1回目は
270円(治療費)+190円(往診料)=460円
2回目以降は
150円(治療費)+190円(往診料)=340円
となります。

初回無料体験を実施しています

ホームページをご覧になっても、実際にどんな治療をするのか、どんな施術者なのか、不安に感じられる方もいらっしゃると思います。そんな方のために初回無料体験を実施しています。
まず、実際に体験なさってから決めてください。無料体験ですので医師の同意書などの書類も必要ありません。
お電話でお申込みいただければお約束のお時間にお約束の場所へ伺い普段通りの施術をさせていただきます。
その後、施術を気に入っていただき継続して受けたいとのご希望があれば必要な手続きについて丁寧にご説明いたします。

患者様のご家族へ

長い間、心身を傾けての介護、ご苦労様です。
長い間の介護は、介護をする人の身体や心にも負担がかかります。
誰にとっても一度きりのかけがえのない人生です。

突然家族が病に倒れて歩けなくなった
家族が寝たきり痛みで苦しんでいるのに何もしてあげられない。
介護をする自分が疲れてしまった。

辛く長い介護というトンネルをお一人で歩いていくのはとても大変なことです。
どうか当院にお声をかけてください。共に頑張りましょう。

貴方の大切なご家族を安心してお任せください。

ケアマネ・担当看護師さんへ

訪問はりきゅう治療を始めるにあたりまして、忙しい医療機関関係者様のお手を煩わすことは一切ございません。
患者様へのご説明、主治医様の同意書の準備など当院が責任をもって手続きを致しますのでご安心ください。
寝たきり状態の患者様や、自力での歩行困難の患者様、慢性的な腰痛、神経痛などをもっている患者様、身体の不調を抱えた一人暮らしの高齢者のご自宅に週1~3回程度訪問し、身体の状態にあった鍼灸治療、可動域訓練など行います。
慢性期や維持期の患者様が在宅生活を続けていくためには、痛みの緩和や残存機能の維持、精神面でのサポートが大切であると考えます。

・筋緊張を和らげて機能維持に努めたい

・血液の循環を良くして床ずれを予防したい

・自律神経を調節し食欲不振、不眠をなくして家族の負担を減らしたい

患者様のこのようなご要望にお応えしたいと真剣に考えています。

訪問はりきゅう治療を行う上で、医師をはじめ、看護師やOT・PT・ケアマネジャー・ヘルパーの皆様にご理解いただき、
医療機関と積極的に連携をとりながら、チーム医療の一員として貢献していきたいと思っております。